お知らせ

熊本市アクセラレーションプログラム「HIGO CANVAS」 2022年度採択者情報(全5社)

本年は以下の5名の起業家を採択いたしました。

バトン合同会社 荒田 晃慎 氏(あらた こうしん)

 

採択事業:「ペダル踏み間違い防止装置「バトンペダル」の開発及び販売開始に向けて」

車のアクセルペダルとブレーキペダルを「1つのペダル」に集約した「踏み替え不要」な新安全ペダル「バトンペダル」を開発、これから普及活動へ入ります。
私自身が右足義足のため、このペダルによって左足で安心、安全に運転ができていますので、先ずは同じ境遇の「右足不自由者(右足義足や右片麻痺など)」の方々にアプローチをしていきます。

アクセラプログラム参加への意気込みや目標

HIGO CANVASへの参加を通して、「バトンペダル」の認知度向上、試乗会の実施に特に傾注していきます。

ウェブページURL:https://batonpedal.com/

オーヘン工業株式会社 森田 悠斗(もりた ゆうと)

 

採択事業:「工場保全のDXソリューション等の事業展開」

工場保全版の“ラクスル“のようなサービスになります。地方にある高度な技術力や設備をもった鉄工所を集約し、道路や橋を作るために使われる資材を製造する工場などに向けて、工場保全を提供しております。

アクセラプログラム参加への意気込みや目標

HIGO CANVASへの参加を通して、ベータ版のプロダクト開発を進め、顧客に最高の体験をしていただけるサービスを作っていきます。

ウェブページURL:https://ohen.co.jp/

あかくま屋株式会社 加納 ひろみ(かのう ひろみ)

 

採択事業:「やさしいくすり箱の事業展開」

あかくま屋では薬の飲みすぎや飲み忘れを防ぐ服薬管理デバイス「やさしいくすり箱」を開発しています。病院で処方された薬を処方通りに服用できているか、その大部分は患者さん任せとなっています。
「やさしいくすり箱」は、最後に開けた時刻を表示するシンプルな機能で患者さんの服薬をサポートするとともに、自動収集する服薬行動履歴を医療従事者と共有することで医療の質向上に貢献します。

アクセラプログラム参加への意気込みや目標

HIGO CANVASのプログラムを通して、やさしいくすり箱の効果検証を進めるとともに事業パートナーを見つけプロジェクトをスピードアップさせます。

ウェブページURL:https://akakumaya.studio.site/

福塚 大和(ふくつか やまと)

採択事業:「discordを代替するDAOのコミュニケーションツールを開発」

IRISAは、誰もが居場所を見つけ、共に価値をつくりだし、それを享受できる空間を提供します。それぞれがそれぞれの居場所と役割を見つけ、生きがいを作り出す….テクノロジーでその手段を人々に与えることがIRISAの目標です。

アクセラプログラム参加への意気込みや目標

IRISAは、Facebook,Instagram,Twitter,YouTube…などのように世界全体で利用されるプロダクトを目指しています。HIGO CANVASでは、そこに向けて、熊本市の持つリソースを最大限活用させていただき、サービスを発展させていきます。

FacebookURL:https://www.facebook.com/profile.php?id=100071536173800

株式会社和らしべ 井元 秀彰(いもと ひであき)

採択事業:「Web3時代における究極のダイレクトマーケティング」

新しい価値流通を生むをビジョンにweb3ソリューションを提供する株式会社和らしべです。今回はソリューションの一つである参加証明NFT作成ツールのBADGEをご紹介します。
BADGEは誰でも簡単にノーコードでNFTを発行できるノーコードツールです。
BADGE NFT配布することでイベント参加、学習履歴、経歴、ボランティア活動の証明などあらゆる組織の関係人口を可視化し、企業や個人の特性に合わせたダイレクトマーケティングを可能にします。

アクセラプログラム参加への意気込みや目標

今回のアクセラプログラムを通して熊本県の企業様、自治体様のweb3事業へ興味関心を持って頂き、一緒にNFTを使ったマーケティング施策や新しい機能の体験など顧客目線で一緒に挑戦していきます。

ウェブページURL:https://warashibe.carrd.co/